おすすめ情報ブログ

ようこそ!!

相互リンク・ブロともありがとうござました!みなさんの協力に感謝!!

カテゴリ ▶ 雑談・よもやま話

地方の人口減少…地域を見捨てる理由は奴隷からの解放だった

Ads by google
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報 コメント ▶ 0 トラックバック ▶ 0 ▶ b b s

日本は格差社会と言われています。これは貧富の差(経済格差)が固定化してきているためですが、この格差の固定化について、みんながどのように感じているかの調査があったので紹介して、次に地方(地域)の話を書きます。

地方の人口減少…地域を見捨てる理由は奴隷からの解放だった

地方の人口減少…地域を見捨てる理由は奴隷からの解放だった


まずはじめに格差が固定化していると感じている人の割合が半数以上(51%)いることがわかったので、下記をお読みください。
「格差が固定化」51% 再分配を求める声 世論調査
朝日新聞社の全国郵送世論調査で、所得などの「格差」をめぐる問題について質問したところ、子どもの頃の生活水準が引き継がれ、格差が「固定化しつつある」は51%で、「そうは思わない」の44%よりも多かった。豊かな家庭の子どもの方がよりよい教育を受けられる教育の格差が「広がってきている」は63%に達し、「そうは思わない」の32%を大きく上回った。

出所:朝日新聞-2015年5月2日

個人的に、この調査で注目したのが、社会的地位や経済的豊かさを得るチャンスの格差を感じる人が多いことでした。

地方(地域)で社会的地位や経済的豊かさを得るとこうなる


地方(地域)で社会的地位や経済的豊かさを得ているといえば、「先生」と呼ばれる人たちが思い浮かぶのではないでしょうか。

その先生方が、地域でおこなっていることを紹介します。





こんなに多くの人から「やめないで!」の声が届いていますと言いながら、手紙・ファックス・メールなどを公開すれば説得力もあったのでしょうが…疑惑が疑惑を生むような会見でした。

真実は、取り巻き以外の人から意見を聞かないとわからないことですが、地域に住んでいる人たちの気持ちを考えると、腹立たしくもあり、心が痛む出来事でもあります。


地方(地域)でチャンスを得ている人は疑惑がいっぱい


あなたの地方(地域)でも、先の動画のように社会的地位や経済的豊かさを得ている人で、疑惑がある人はいるのではないでしょうか。

なぜアイツが…と、いった不穏なことが起きるのが、地方ですが、これは不正などがあるからです。

既得権益やコネ、癒着、談合…など、数々の不正によって、地方は成り立っている闇の部分があります。

これを必要悪と言う人もいますが、正義感が強く、心が純粋でやる気のある人ほど受け入れられないと思います。


若者は地方(地域)を捨てることでしか夢や希望を叶えられない


ネットをみていても若い人ほど、不正などに対して強い嫌悪感を示しています。

そのことからも、若い人ほど、数々の不正で成り立つ閉塞化した地方で生きるのは困難なことがわかります。

また、地方では夢や希望を叶えることが不可能な場合もあります。

これは、先述したようなコネがない場合など、特に顕著に表れることになります。


優秀な人間ほど地方から出ていくという現実


たとえば、「地域をよくしたい」と心から想い、議員や市役所の職員などに応募しても、コネのある人が優先されます。

このような現実を繰り返し見てきた人たちは、口にしなくてもわかっています。

年を重ねるにつれて「馬鹿らしい」、「言っても無駄」…など、地域に対する諦めの気持ちが強くなっていきます。親も子供に地方に残ることをすすめません。

そして、若い人たちは地方から脱出する手段として、勉強やスポーツなどで優秀な成績をおさめ、地方から出ていきます。

地方は正義感が強く、心が純粋でやる気のある人が出て行く一方なので、地域は悪の巣窟のようになっています。


地方がよくなるという幻想が増税に拍車をかけている


その悪の巣窟にお金をつぎ込むと、どうなるでしょうか?

コネで生きてきた人たちは私利私欲にまみれているので、自分だけのために使い、無駄な事業も平気でおこないます。

地域活性化は見事に失敗し、今では地方創生と名前を変えましたが、地域にお金をばらまくという本質は変わっていません。

そのため、同じことを繰り返されるだけです。

地方にお金をつぎ込んだらよくなるというのは、多くの人が、もはや幻想だと気付いているのではないかと思います。

悪の巣窟につぎこむお金も、私たちが納めている税金であることを忘れてはいけません。


まとめ


出身地や故郷となると、子供の時から地方を出るまでの間、過ごしているので、嫌でも闇の部分を知ってしまいます。

コネのない人が、安定した暮らしを望むなら、地方を出ていくしか方法はありません。

簡単に言えば、地方の人口減少は、悪の巣窟からの脱出、奴隷(人間としての名誉、権利・自由を認められない人)からの解放です。

そのような人が離れていく地方に税金をつぎ込むことで、よくなるという幻想から早く目覚めなければ、今後も税金が足りないと言われ、増税が続いていくことになります。

格差が「固定化しつつある」が51%もいたので、増税が貧困層を生み出すことになりかねません…日本人の生活はどんどん不安定になっていくのではないでしょうか。

今回、“社会的地位や経済的豊かさを得るチャンスの格差を感じる人が多い”ということが調査で分かったので、地方に住む人の視点から書いてみました。

あなたの地域にも、社会的地位や経済的豊かさを得るためにコネを使う人がいませんか?


お読みいただきありがとうございます。応援いただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報
あなたの知っている関連情報や関連記事もコメント・トラックバックより投稿して情報共有にお役立てください

コメントの投稿

コメントは情報共有が目的です記事に関するご意見等はメールフォームをご利用ください
アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!
Secret

トラックバック

アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



関連記事

記事情報 

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

Keyword : 貧富の差 経済格差 格差社会 社会的地位 姫路市 市議 町長 茨城県 八千代町 セクハラ

アクセスランキング

ブログパーツ

ブロとも&リンク

     

ブロとも&リンク追加

 Pagetop


 
メールフォーム

名 前

メール

件 名

本 文