おすすめ情報ブログ

ようこそ!!

相互リンク・ブロともありがとうござました!みなさんの協力に感謝!!

カテゴリ ▶ 地域・社会問題

いじめ深刻化…原因は?学校・職場・家庭・ネットでいじめが蔓延する社会

Ads by google
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報 コメント ▶ 0 トラックバック ▶ 0 ▶ b b s

子供は学校で大人は職場でいじめをおこない、大人も子供も家庭でいじめをおこなう…人間が生活する社会にはいじめが蔓延し、ネットでもおこなわれていることがわかり、日本はいじめがさらに深刻化していく社会へと…

いじめ深刻化…原因は?学校・職場・家庭・ネットでいじめが蔓延する社会

いじめ深刻化…原因は?学校・職場・家庭・ネットでいじめが蔓延する社会


全国の学校で確認されたいじめは18万件余、
そしてPCや携帯使用が増加しているとのニュース(下記)がながれ、
ネットをつかったいじめ、見えないところでいじめがおこなわれていることがわかりました。
いじめ18万件余 PCや携帯使用が増加
昨年度、全国の学校で確認されたいじめは18万5000件余りに上り、中でもパソコンや携帯電話を使った嫌がらせが、前の年度に比べて1000件近く増えていることが分かりました。
文部科学省は「いじめの形態が変わり、大人が把握しづらくなっているのが課題だ」と話しています。

文部科学省はいじめや不登校などについて、毎年、各地の教育委員会を通じて調査しています。
それによりますと、昨年度、全国の学校で確認されたいじめは、▽小学校で11万8805件、▽中学校で5万5248件、▽高校で1万1039件、▽特別支援学校で768件で、合わせて18万5860件に上りました。
これまでで最も多かった前の年度に比べて、1万2000件余り減少しています。
減少した理由について教育委員会からは「教職員を対象にした研修を行うことで、いじめを未然に防ぐための知識や理解が深まったため」といった回答が寄せられたということです。
一方で、いじめの内容を見てみると、「仲間はずれ、集団での無視」や「金品を要求される」などが前の年度より減っているのに対し、「パソコンや携帯電話で悪口を言われたり嫌なことをされたりする」が1000件近く増え、8700件余りとなりました。
この選択肢を設けた平成18年度と比べると、倍近くに増えています。
文部科学省児童生徒課の平居秀一室長は、「スマートフォンの無料通話アプリ『LINE』を使ったいじめなど、形態が変わってきている。見えづらく大人が把握するのが難しくなっているのが課題だ」と話しています。



youtube:いじめ18万件余 PCや携帯使用が増加

このようにネットのいじめ=見えないところでいじめがおこなわれていることは、
これからいじめが深刻化していくことを浮き彫りにしてくれています。


いじめの定義→新定義に変更


ここで一旦、いじめについての理解をしてもらうために、
いじめの定義に変更があったことをお伝えしておきます。
いじめの定義が下記のように変更されていますので、ニュースや資料を読むときにはご注意ください。
【これまでの定義】
この調査において「いじめ」とは、「(1) 自分より弱い者に対して一方的に、(2) 身体的・心理的な攻撃を継続的に加え、(3) 相手が深刻な苦痛を感じているもの。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。」とする。なお、個々の行為がいじめに当たるか否かの判断を表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うこと。
【新定義】(平成18年度間の調査より)
本調査において個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うものとする。「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」とする。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。

では、話を戻していじめの原因などについて紹介します。


いじめの構造・いじめの原因と背景・いじめのサイン


いじめの原因は下記のようになっており、いじめの構造などもわかっています。
いじめの構造(いじめの4層構造)森田洋司1986年
○いじめる生徒
○観衆(はやしたてたり、おもしろがったりして見ている)
○傍観者(見て見ない振りをする)
○いじめられる生徒
 いじめの持続や拡大には、いじめる生徒といじめられる生徒以外の「観衆」や「傍観者」の立場にいる生徒が大きく影響している。「観衆」はいじめを積極的に是認し、「傍観者」はいじめを暗黙的に支持しいじめを促進する役割を担っている。

いじめの原因と背景
1児童生徒の問題
・対人関係の不得手、表面的な友人関係、欲求不満耐性の欠如、思いやりの欠如、成就感・満足感を得る機会の減少、進学をめぐる競争意識、将来の目標の喪失、など
2家庭の問題
・核家族、少子家庭の増加→人間関係スキルの未熟さ
・親の過保護・過干渉→欲求不満耐性の習得不十分
・親の価値観の多様化→協調性・思いやりの欠如、規範意識の欠如、など
3学校の問題
・教師のいじめに対する認識不足
・教師も生徒も多忙で、お互いの交流が不十分
・知識偏重など、価値観が限られていると、差別の構造につながりやすい
・生活指導や管理的な締め付けが強いと、集団として異質なものを排除しようとする傾向が生じやすい、など

いじめのサイン(参考資料 都教育委員会「いじめ防止のための手引き」狛江市人権尊重推進委員会)
1表情や態度:沈んだ表情。口をききたがらない。わざとはしゃぐ。ぼんやりした状態でいる。視線を合わせるのを嫌う等。
2服装:シャツやズボンが破れている。ボタンがとれている。服に靴のあとがついている等。
3身体:顔や身体に傷やあざが出来ている。マジックで身体へのいたずら書き。登校時に身体の不調を訴える。顔がむくんでいたり青白い等。
4行動:ぽつんと一人でいることが多い。急に学習意欲が低下。忘れ物が多くなる。特定のグループと行動するようになる。使い走りをさせられる。プロレスの技を仕掛けられる等。
5持ち物:持ち物がしばしば隠される。持ち物に落書きされる。必要以上のお金を持っている等。
6周囲の様子:人格を無視したあだ名を付けられる。よくからかわれたり無視されたりする。発言に爆笑が起きる等。


ひとことで言ってしまえば、いじめは未熟な人間のおこなうことだとわかります。
しかし、未熟な人間をつくりだしているのは、子供を育てる大人です。
つまり、いじめの蔓延と深刻化は、未熟な大人によって引き起こされていることになります。


いじめは虐待・暴力・犯罪へと発展し社会問題となっている


未熟な大人が引き起こすいじめは、虐待・暴力・犯罪・事件へと発展して社会問題となっています。
たとえば、職場で問題となるセクハラ・パワハラなど、
その原因は家庭や夫婦間にも起こるモラルハラスメントであることがわかっています。
→ あなたはハラスメントの恐怖と対策を本当に知っていますか?

また、他人を利用するマインドコントロールによる犯罪や事件などもあり、
児童虐待、レイプ、詐欺、殺人、性的いじめ事件など、自己中心的な犯罪が社会に蔓延しています。
→ 洗脳による支配あなたはマインドコントロールされているかもしれない

これらの社会問題、犯罪や事件などはニュースを読んでいれば、その原因などもわかりますが、
なかでもDV(ドメスティックバイオレンス)は、今では子供同士のデートDVなどが起きており、
下記のように大人がしてきたいじめを子供が真似している状態にあります。
→ DV加害者の特徴、DVの原因、DVの影響…なぜDVは逃げられないのか?

なぜ、このようなことが起きてしまうのか?
それは、大人が未熟になり、子供に教育できない社会になっているからだと思います。
その子供が未熟なまま大人になり、同じことを繰り返していきます。

これが、社会に蔓延し深刻化するいじめの構図ではないでしょうか。


まとめ


下記のリンクより、気になるニュースや社会問題をひもといてみてください。
いかなる理由や原因があったとしても、またそれらに違いがあったとしても、
結局は、未熟な大人によって引き起こされていることがわかります。
→ ニュース・注意喚起について

つまり、いじめをなくすには、私たちひとりひとりが大人になるしか方法はないということです。
拡大すれば、戦争をなくすことにもつながると思いますが、大人になることとはどういうことなのでしょうか。

体が大きくなること、わがままをいうこと、自己中心的なことをしたり、他人の悪口をいうこと…
どれも大人ではありませんよね。
「いいね!」やラインの「既読」を気にすること、これらも大人のすることではありません。

しかし、ネットが対人関係、友人関係、思いやり、満足感などにつながっていることは否定できません。
ネットでイジメをしないようにするには、どうしたらよいのか?
私たち大人が「いいね!」を気にしないなど、それはそれとして割り切り、情報操作をおこなわないことや
惑わされないようにすることを課題として取り組んでいくことも、いじめを防ぐことにつながっていくと思います。

また夫婦共働きでは、どうしても子供に目が行き届かないことがあります。
小学校・中学校・高校に通っているお子さんがいる家庭の方は、
下記の相談窓口を子供に教えておくのもいじめ対策になると思います。
→ いじめ相談の窓口

現在、いじめを考えるキャンペーンもおこなわれていますので、下記のサイトもご覧ください。
→ いじめ、なにそれ?というほうへ

社会は人間がつくっています…下記のような現実も子供たちに影響があるのではないでしょうか。
→ 汚職・不正・贈収賄が地方でやりたい放題にはびこる理由


お読みいただきありがとうございます。応援いただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報
あなたの知っている関連情報や関連記事もコメント・トラックバックより投稿して情報共有にお役立てください

コメントの投稿

コメントは情報共有が目的です記事に関するご意見等はメールフォームをご利用ください
アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!
Secret

トラックバック

アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



関連記事

記事情報 

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

Keyword : いじめ いじめの原因と背景 学校いじめ 職場いじめ いじめの構造 いじめのサイン いじめの定義 ネットのいじめ いじめ相談 性的いじめ事件

アクセスランキング

ブログパーツ

ブロとも&リンク

     

ブロとも&リンク追加

 Pagetop


 
メールフォーム

名 前

メール

件 名

本 文