おすすめ情報ブログ

ようこそ!!

相互リンク・ブロともありがとうござました!みなさんの協力に感謝!!

カテゴリ ▶ マネジメント

人間はエゴの塊・エゴとエゴのぶつかり合いの中で人の本性がみえる

Ads by google
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報 コメント ▶ 0 トラックバック ▶ 0 ▶ b b s

ネットの普及により、現代社会では情報があふれています。その中で誹謗中傷や悪口なども絶えず生産され流れている現実があります。そんな社会では「人はエゴの塊」だと感じる方もいるのではないでしょうか。

人間はエゴの塊・エゴとエゴのぶつかり合いの中で人の本性がみえる

人間はエゴの塊・エゴとエゴのぶつかり合いの中で人の本性がみえる


社会における人間関係では、学歴、資格、経歴、年齢…などなど、あげていけばきりがなくなるのですが、
エゴ(自分の利益だけ重んじる考え。自分本位の考え方。利己主義。)を強力にするものが数多くあります。
そのいい例としては、人と接するとき「上から目線」と、感じることではないでしょうか。

相手に対して「上から目線」と感じた時点で、自分のエゴが反応しているわけですから、
解決するには、自分のエゴに気づき、自分で心の持ちようを変えるしかないと思います。
相手を非難したところで、喧嘩になるなど、余計な体力を消耗するだけです。

また距離を置いたところで、同じような人が現れると、また距離を置いて…と、
結果、逃げ回るのと同じで、自分の視野を狭くし、可能性を閉ざすことにもなりかねません。
自分を変えて、相手のいいところ(いいもの)を吸収する人間になるほうが賢い人間のような気がします。

このように距離を置くことは根本的に何の解決策にもならないと思いますが、
相手によっては逃げないと危険な場合があります。下記のような人たちです。
→ ハラスメントをおこなう人
→ 邪悪な人間
→ オカルトにはまる人
→ 他人を利用する信用できない人
→ 正直者にタダ乗りする人
→ 人を馬鹿にする人(自己評価の高い人)
など

各記事から、それぞれの本性がうかがえたと思います。
また共通点として、“ 自分のことしか考えていない ” と感じた方が多かったのではないでしょうか。
しかし、それはいったい何なのでしょうか?

答えは、エゴ(自分の利益だけ重んじる考え。自分本位の考え方。利己主義。)ですよね。


エゴの塊のような人たちから人間の本性をみる


「エゴの塊のような人」=自分のことしか考えていない人として書きます。
実はこのエゴの塊のような人たちは、ネットで簡単に見つけられます。
下記のキーワードをクリックして詐欺師アフィリエイターをみつけてみてください。
情報商材 稼ぐ ネット コンサルタント ネットビジネス 伝授 ネットワークビジネス 伝授

コンサルタント(自称)を名乗り情報商材を販売したり、
ネットビジネスと称してネットワークビジネスの勧誘をおこなっていました。
自分で考えた方法を伝授するとか、根拠のない経験オンリーの方法などは下記のように大変危険です。
→ 乳児死亡「気持ちがいいズンズン運動」子育て支援NPOで根拠のない施術が原因か

このような人たちの特徴は「伝授する」などの一方的なこと、
攻撃的(反社会的な思想・将来の不安をあおるなど)なことで装っている(偽っている)ことです。
一方的・攻撃的な人が、どんな感じなのか知りたい方は、下記の動画をみてください。
→ 一方的な人…リストラ・詐欺・離婚…攻撃的な人の特徴と原因

エゴの塊のような人から、人間の本性(自分のことしか考えていない)がわかったのではないでしょうか。
検索結果に表示された人たちの中には、金の亡者と言われる仲間を売って金に換える人たちもいます。

不幸になるだけですので、絶対にかかわらないようにしてください。


エゴとエゴのぶつかり合いは客観的な判断で切り抜ける


エゴとエゴのぶつかり合いの中で人間の本性がみえることがあります。
誹謗中傷や悪口のほとんどはエゴです…喧嘩をして罵る人を見かけたらエゴを感じると思います。
それなら「エゴを捨てろ!」というのが、早い気がするかもしれません。

しかし、それは、同時に「これまで築いてきたものを捨てろ!」と言っているようなもので、
現実的には不可能ですし、相手から反感をかうことになりかねません…またそれもエゴでしょうし、
エゴとエゴのぶつかり合いの中では客観的な判断で切り抜けるしかありません。

客観的な判断を相手に求めるには、相手を納得させる客観的な基準が必要になります。
そのひとつが社会的地位ではないかと思います。
冒頭で、社会における人間関係では、学歴、資格、経歴、年齢…などなど…、と書きました。

そして、それらがエゴ(また上から目線になる、上から目線と感じるなど)の原因だと思いますが、
同時に、それらによって周りの人たちが客観的に判断した結果、社会的地位は与えられています。
エゴは誰でも持っているものなので、周りの人たちの客観的な判断(社会的地位)もエゴです。

つまり、エゴとエゴのぶつかり合いは、多くの人のエゴを利用することで切り抜けるということです。


まとめ


最後の表現で勘違いしてほしくないので、言葉を変えて書いておきます。

エゴによって与えられた社会的地位に配慮(周りの期待を裏切らないように)しながら、
道理(物事の正しいすじみち。また、人として行うべき正しい道。ことわり。)に従い、
自分のエゴと周りの人たちのエゴと上手に付き合っていくことが大事だと思います。

エゴと聞いたら「悪いもの」と無条件に考えてしまう方も多いと思いますが、
恋愛にしても、ペットを飼うにしても、生活環境を整えるにしても、すべてにおいて、
人間にエゴがある以上、それと上手に付き合っていくほうが、私は良いと考えています。

たとえば「殺人事件の犯罪者はもっと重い罪でないといけない」と思うのなら、
裁判官を目指すなど司法の道へと進む力に変えていくなど、自分のエゴを力に変えることもできます。
このように上手に付き合うことで、エゴは「悪いもの」ではなくなります。

他人のエゴとも上手に付き合うことで、
話の中で例にした社会的地位のように、力に変えられることがあるかもしれません。
エゴを無条件に「悪いもの」と考えるのではなく、上手に付き合うことを考えてみてもらえれば幸いです。

あと、自分を制御するためにはイライラしないことも大事ですので、下記の記事もお読みください。
→ イライラが止まらない…イライラする原因とイライラの影響


お読みいただきありがとうございます。応援いただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報
あなたの知っている関連情報や関連記事もコメント・トラックバックより投稿して情報共有にお役立てください

コメントの投稿

コメントは情報共有が目的です記事に関するご意見等はメールフォームをご利用ください
アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!
Secret

トラックバック

アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



関連記事

記事情報 

テーマ : 成功する為に必要な事
ジャンル : ビジネス

Keyword : エゴ 社会的地位 人間の本性 上から目線 客観的 判断 基準 道理 エゴの塊 エゴとエゴのぶつかり合い

アクセスランキング

ブログパーツ

ブロとも&リンク

     

ブロとも&リンク追加

 Pagetop


 
メールフォーム

名 前

メール

件 名

本 文