おすすめ情報ブログ

ようこそ!!

相互リンク・ブロともありがとうござました!みなさんの協力に感謝!!

カテゴリ ▶ 人材・組織・パートナー

仲間をみつける!イノベーションを起こせる人材と組織【組織編】

Ads by google
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報 コメント ▶ 0 トラックバック ▶ 0 ▶ b b s

自分を見極める!イノベーションを起こせる人材と組織【人材編】の続きです。この記事ではイノベーションを起こせる組織について書いていきます。特に仲間をみつけている方は注意して読んでほしいと思います。

仲間をみつける!イノベーションを起こせる人材と組織【組織編】

仲間をみつける!イノベーションを起こせる人材と組織【組織編】


前の記事で “ また組織とも関係があるため、次の記事で伝えることとして… ” と書きました。
成功したい人は楽しいこと、面白いことをするようにすすめてきました。
これらは継続力や持続力、またムーブメント(ブーム)を巻き起こす力となるもので、成功へと導いたり、
新しい方法、仕組み、習慣などを導入するイノベーションを起こすきっかけとなります。

そして、上記のことを伝えましたが、楽しいこと、面白いことは、
人間を結び付け、関係を解すことにもなりますので組織においても大事なことです。
下記の記事を読んでもらえばわかりますが、組織には結束力や協力関係が必要です。
→ 活動も起業も大切なのはチームワーク!!組織に結束力がない時は?

イノベーションの起こせる組織に欠かせない要素といえます。
では、そのような環境はどのようにできているのでしょうか?

イノベーションを起こす組織について紹介します。


イノベーションを生み出す組織が持つ6つの特徴


イノベーションを生み出す組織が持つ6つの特徴がわかっているそうです。
詳細は下記の記事をお読みください。
イノベーションを生み出す組織とは(上)「明確な方向感」「多様性」「風通しの良さ」
筆者が所属するヘイグループの研究からは、イノベーティブな企業には下記の六つの特徴があることがわかっている。

1.明確な方向感と視座
2.人材の多様性
3.上下間の風通しの良さ
4.ネットワーク密度の高さ
5.失敗に寛容な文化
6.組織における「遊び」の存在


 以下、それぞれについて、検討してみよう。




日本文化がイノベーションを起こし難くしていた


紹介した記事を読んで、みなさんも感じたことがあると思います。
年功序列や先輩後輩の関係など、目上の人を敬うのが日本の文化です。
私たちが当たり前のように考えていることが、イノベーションを起こしにくい環境をつくっているようです。

会社では年功序列がなくなったと言われていても、企業風土として根付いています。
地域で活動されている方は、年配者に配慮するあまり失敗してしまうこともあるのではないでしょうか。

また地域活性化に取り組むみなさんは、下記の言葉でピンときたと思います。
科学史家のトーマス・クーンの言葉「本質的な発見によって新しいパラダイムへの転換を成し遂げる人間のほとんどが、年齢が非常に若いか、或いはその分野に入って日が浅いかのどちらかである」という言葉を紹介するまでもなく、多くのイノベーションが、いわゆる組織内における「若手」を中心に主導されてきたこともわかっている。

このように若手が多い地域のほうがイノベーションが起きやすい環境と考えらています。
この考えから高齢者が多い地域は若手が少ないので必然的に力が弱い地域と考えられます。
このほかにも、この考えからは、会社や地域でイノベーションが起きない理由を推察することができます。


会社や地域でイノベーションが起きない理由


会社や地域でイノベーションが起きない理由は、
そのきっかけとなる楽しいこと、面白いことがないことがあげられると思います。
また先ほどの考えを現実にあてはめ、深く掘り下げていくと…

会社の場合は上司が仕切っている、地域の場合はお年寄りが仕切っているなど、
日本の文化が理由としてあげられるのではないでしょうか。

そして、日本の文化が影響して、若手に機会を与えない、
役所主導などなど、若者の活動を妨げる大きな壁として社会に存在しています。
会社や地域にしか存在しないルールや建前などが、障壁になるケースもあるかもしれません。

みなさんの会社や地域にも、日本の文化によって、
楽しいこと、面白いことができない原因になっているものがあると思います。

それらのことが、会社や地域でイノベーションが起きない理由と考えられます。


地域活性化に取り組むみなさんへ


ここは、地域活性化に取り組むみなさんも記事を読んでいるので書きます。
これは良い悪いの話ではなく、新たにカテゴライズすることの必要性に疑問を持ったので伝えます。
地域活性化では下記資料のように地域リーダー、プレーヤー、サポーターなどがでてきます。
→ 地域づくり人の育成に関する手引き-平成24年3月-人材力活性化研究会

この資料にあることは、研修を受けた方にしか詳しいことがわかりません。
しかし、まわりをみわたすと…すでに経営学などでざまざまな事例なども整理されています。
研修を受けていない方でも、紹介した記事のように蓄積されてきたことから学べると思います。

それらの事例から学習できる環境は、ネットもある時代ですので十分に整っています。
すでにあるものを利活用して都市部、中山間地域などの区別なく情報を共有し学習できる時代です。

ネットで検索して調べてみましたが、地域活性化についての情報が不足していると感じています。
活動しているみなさんは、官公庁のサイトにある情報ではなく、実態が知りたいのではないでしょうか?
大変苦労されていると思いますが、よければ下記のコミュニティを使ってください。
→ 掲示板


まとめ


紹介した記事から考えると、まずイノベーションを起こせる人材を探して組織化すること。
次に楽しいこと、面白いことに地域住民を巻き込んでムーブメントを起こし、
繰り返し積み重ねながら、イノベーションを起こしていくのが成功への道筋と考えることができます。

地域活性化も何か特別なものして考えるのではなく、同じように考えてみてはどうでしょうか。
イノベーションを起こす人材の話であったようにイノベーションを起こすには全員が必要です。
多様性が重要であり、役割を見極めることで、イノベーションを起こす組織ができあがっていきます。

今回の記事でビジネスがうまくいかない、活性化がうまくいかない、事業が成功しないなど、
イノベーションを起こす人材の未発掘と組織がないことも原因と考えられるのではないでしょうか。
個人事業者の方は、異業種連携がイノベーションのきっかけづくりには有効かもしれません。

お住まいの地域のことが気になる方は、下記の記事もお読みください。
→ 極点社会で消滅可能性のある896市町村名(自治体)をチェック!


お読みいただきありがとうございます。応援いただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報
あなたの知っている関連情報や関連記事もコメント・トラックバックより投稿して情報共有にお役立てください

コメントの投稿

コメントは情報共有が目的です記事に関するご意見等はメールフォームをご利用ください
アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!
Secret

トラックバック

アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



関連記事

記事情報 

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

Keyword : 地域活性化 イノベーション 人材 組織 明確な方向感 多様性 風通しの良さ ネットワーク 寛容さ 遊びの存在

アクセスランキング

ブログパーツ

ブロとも&リンク

     

ブロとも&リンク追加

 Pagetop


 
メールフォーム

名 前

メール

件 名

本 文