おすすめ情報ブログ

ようこそ!!

相互リンク・ブロともありがとうござました!みなさんの協力に感謝!!

カテゴリ ▶ マネジメント

知らないとヤバイ「妬み」の実態…あなたも嫉妬していませんか?

Ads by google
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報 コメント ▶ 0 トラックバック ▶ 0 ▶ b b s

みなさんのとなりに「妬み」を持っている人はいませんか?妬みといえば嫉妬ですが、こんな人が実際にいたとは…一体どんな生き方をすればそうなるんだ?と思いました。あなたの心の中ものぞいてみては?

知らないとヤバイ「妬み」の実態…あなたもあなたも嫉妬していませんか?

知らないとヤバイ「妬み」の実態…あなたも嫉妬していませんか?


以前、アフィリエイト関連の記事で妬みについてふれていました。
記事中にある「クソアフィリエイターのおかげで僕らのブログは嫌われた」をお読みください。
→ 初心者が自由に小遣いを稼ぐためのアフィリエイトノウハウ集

この話にでてきた「妬み」をアフィリエイトをしている人は、体験したことがあると思います。
ほかにも、このブログでは、妬みが「怨望」になる話を書きました。
周囲の人に害を与える人が、『怨望』にとりつかれている人だとわかります。
→ “百害あって一利なし”の『怨望』にとりつかれていませんか?

このような妬みは人との会話の中でも感じることがあります。
悪口、非難、中傷…など、関わっても得るものがなく、なにひとついいことはありません。
しかし、多かれ少なかれ誰でも妬みを持っているのではないでしょうか。

もちろん私も心の中をのぞくと隠れているはずですし、何かの拍子で現れると思います。
そのような悪いところは、誰でも自分で気づくことはあまりないものです。
今回、こんなことがあって嫌だな…と、感じたので書き留めておきたいと思います。

みなさんも、こんな人に遭遇したら熱くならないように気を付けてください。
一緒になって『怨望』にとりつかれてしまうかもしれませんよ(笑)

ここで先にお断りを…アフィリエイトの話だったのですが、
アフィリエイトを推奨またはアフィリエイターを肯定する記事ではありません。
誤解のないようにお願いします。

では、日常の出来事から、妬みを感じた話を紹介します。


「ブログを書いている人にお金をあげるのが嫌」の一点張り


これは知人と話をしていたときのことです。
こんな一幕がありました(私はC)
A,アフィリエイトって全然儲からない…いい話ない?
C,そうなんだ…ないけど
B,当たり前だろ!!
A,何か知ってんの?教えて
B,ブログで紹介している商品は検索して買ってる
A,どういうこと?
B,アフィリエイトの広告からは買わないってこと
C,理由は?
B,ブログを書いている人にお金をあげたくないし(笑)

この会話は「ブログを書いている人にお金をあげるのが嫌」の一点張りで終了しました。
つまり、これとした明確な理由はないけど、
「ブログを書いている人にお金をあげるのが嫌」だからアフィリエイト広告からは買わないという話です。

頑固、強情、意固地…などが当てはまりそうですが、心の中に「妬み」がひそんでいることもわかります。
実際には悪口や非難的な会話もあったのてすが、
アフィリエイトに悪い印象を持っていたり、過去に嫌な出来事があったのかもしれません。

みなさんは、同じような感情を抱いたり、同じ行為をしたことがありませんか?
この会話があってから、すこし私なりに考えを整理しておきたいと思いました。
アフィリエイトが嫌いという方は、ぜひお付き合いください。

アフィリエイトの話から私益と公益について、考えてみます。


ブログは個人の所有物だけど記事の影響を考えると公益


みなさんは、アフィリエイトで買うことが私益(一個人の利益)と思っていませんか?
ネットワークビジネスや情報商材など、マルチ商法・ねずみ講といわれるものは、私益のみです。
それ以外のアフィリエイトは少し違います。

アフィリエイトも私益と思っている方は、ブログが個人の所有物だからだと思います。
しかし、考えてみてください…記事の影響を考えると、
公益(その社会の全構成員にかかわる共通の利益)と考えることができます。

妬みの原因となる怨望について説明の中で下記のことが書かれていました。
怨望とは、公共の利益を犠牲にして私怨をはらすものなのだ。

利益の意味には “ 役に立つこと。ためになること。 ” とあります。
ここで勘違いが生じやすいのですが、利益は決してお金だけを基準としたものではないということです。
先のアフィリエイトの話では、商品に興味を持ったにも関わらず検索して買っていました。

これは、ルールを守って正しいアフィリエイトをしている人だけのことですが、
ブログを書いた人に商品を宣伝する技術(コピーライティング:広告宣伝のための文章を書くこと、
またはその技術。)などがあったことを、ないがしろ(公共の利益を犠牲)にする行為といえます。

結果、その人が儲ければ、記事を書くなどの意欲がわいて技術が向上することも考えられます。
それによって、ネットを利用している人たちは、その人の技術などを学ぶこともできるようになります。

このように個人の労力が公共の利益へとなるものなので、言いかえれば『お互いさま』の社会といえます。


木をみて森をみず


みなさんは税金を納めて、それに見合ったサービスを受けているでしょうか?
受けていない人は、どのように割り切っていますか?
税金は公益だから仕方なく…と言うのなら、『お互いさま』の社会といえます。

アフィリエイトも同じように『お互いさま』の社会と考えることができます。
つまり、この社会は私たちがネットでつながっている以上、大きなコミュニティであるわけです。
そのなかで自分も生きていて、周りから生かされていることを考えれば『お互いさま』の社会です。

検索して買っても、アフィリエイトから買っても、支払うお金は同じです。
それなら、どうしますか?
役に立つこと。ためになること。 ” をする人にお金を使って育てたほうがよいですよね。

自分と同じように喜怒哀楽の人生を送りながら生きている周囲の人たちの存在を認めれば、
「アフィリエイト?関係ない!ほしいと思ったから買った」と、素直に言えると思います。
それくらい堂々と、人に投資してもいいのではないでしょうか。

あれが嫌い、これが嫌いとか、個人の勝手ですが、
今回、話の中で感じた妬みは…木をみて森をみず…というのでしょうか。
大きな視点で物事をとらえられなくなると視野が狭いと感じますし、何より心ない人のような気がしました。

ネットと言っても、リアルと同じようにつながっているわけですからね。

ここでは説明のために “ 利益 ” と書きましたが、役に立つ人を育てることは、
道理(物事の正しいすじみち。また、人として行うべき正しい道。)であると考えています。


「妬み」の実態…嫉妬しない練習


心理学では嫉妬をポジティブとネガティブの二種類にわけて考えるそうです。
これが「妬み」の実態になります。お読みください。
嫉妬しない練習
「ライバルが先に出世した」「たいして残業もしていないのに同僚のほうが営業成績がいい」……他人の成功に嫉妬した経験は、多かれ少なかれ誰にでもあるでしょう。

嫉妬にはポジティブとネガティブの2種類がある
嫉妬は不思議な感情で、「嫌い」とは違う、まして「好き」だけでもない、「あいつのことは認めるけど嫌だ」という両義性がひとつの特徴です。

日本語では「嫉妬」という1つの言葉になってしまいますが、心理学ではこれを「エンヴィ(envy)」と「ジェラス(jealous)」の2つに分けて考えます。エンヴィは「あんなやつ堕落してしまえばいいのに」という憎しみに近い非生産的な対抗心ですが、ジェラスは自分に欠けているものをもっている人に出会ったときに、コンプレックスが刺激されて起こるもので、こちらは肯定的な意味合いで使われます。



まとめ


心理学の観点から、嫉妬は必ずしも悪い影響ばかりを与えるわけではないとのことでした。
また下記のようなことが書かれていました。
人のためになることをして感謝されると、気分がよくなり、「自己肯定感」が高まります。それが精神的な安定にもつながるのです。

アフィリエイトの話から書いてきましたが、ネットでも役に立つ人をみつけ育てていけば、
相手が感謝の意を表したとき「自己肯定感」が高まり、精神的な安定につながりそうですね。

アフィリエイトで商品を買う時はクリックと一緒に「ガンバレ!」の気持ちを注入して、
相手の喜ぶ顔や記事が増えることを想像しながら購入するといいかもしれません(笑)

このように、リアルとネットを別々に考えず、「自己肯定感」を考えながら、
同じ人間としてコミュニケーションを図るほうが精神的にも良さそうだと思いました。

最後に、例えとしてアフィリエイトの話をしましたが、
広告を出す、出さないは運営者の自由、クリックする、しないはあなたの自由です。
アフィリエイトを推奨しているわけではないので勘違いのないようお願いします。

コミュニケーションに不安がある方は下記の記事をお読みください。
→ ゆとり・ニート・上司と部下のコミュニケーションと会話の特徴ランキング


お読みいただきありがとうございます。応援いただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報
あなたの知っている関連情報や関連記事もコメント・トラックバックより投稿して情報共有にお役立てください

コメントの投稿

コメントは情報共有が目的です記事に関するご意見等はメールフォームをご利用ください
アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!
Secret

トラックバック

アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



関連記事

記事情報 

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

Keyword : 妬み 嫉妬 嫉妬しない練習 実態 アフィリエイト ブログ 利益 公益 役に立つこと ためになること

アクセスランキング

ブログパーツ

ブロとも&リンク

     

ブロとも&リンク追加

 Pagetop


 
メールフォーム

名 前

メール

件 名

本 文