おすすめ情報ブログ

ようこそ!!

相互リンク・ブロともありがとうござました!みなさんの協力に感謝!!

カテゴリ ▶ アクセスアップ・SEO

ブログのルールとマナーは大丈夫?危険な人に要注意!

Ads by google
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報 コメント ▶ 0 トラックバック ▶ 0 ▶ b b s

あちこちでブログのマナー違反者に対する厳しい意見がでています。みなさんもマナー違反者に対する怒りの記事を読んだことがあると思います。もちろん違反している人が悪いわけですが、減らないのはなぜ?

ブログのルールとマナーは大丈夫ですか?危険な人に要注意!

ブログのルールとマナーは大丈夫?危険な人に要注意!


ブログのマナー違反者に対する意見には賛同します。
しかし、ルールやマナーを守らない人が後を絶たないのはなぜでしょうか?
ブログは書けるけど、規約を読んでいないなどが考えられます。

それは、ブログを提供している会社との契約ですので、そちらの規約を読んでください。
ただ、思うところ…ブログを書いていると危険な人に遭遇することがあります。
規約うんぬん以前に、ブログのルールやマナーを知らない人がいるのではないかと思いました。

ブログのルールやマナーとは、ネット利用者に共通するルールやマナーともいえます。
ものすごく基礎の話なので、ネットを検索しても少ない…これはあえて書く人もいないのでしょう。
もちろんみなさんも知っているとは思いますが、確認と思って読んでみてください。

これからブログを始める方は、危険な人にならないためにお読みください。


ブログのルールやマナーを守る


ルールやマナーがどこに書いてあるのかわからない方は、Yahooセキュリティセンターにあります。
下記は、そのセキュリティガイドの抜粋です。詳しくは出所のリンクからお読みください。
マナーやルールを守りましょう
実社会では、マナーやルールを守ることで、社会が円滑になり、人と人とのコミュニケーションもうまくいきます。それは、インターネットでも同じです。
マナーやルールを守ることでトラブルを回避して、みんながインターネットを楽しく安心して利用できるよう心がけましょう。

1.インターネットのマナーについて
◆読む人やコミュニケーションをとる相手のことを考えましょう
◆ほかの人のプライバシーに気をつけましょう



掲示板、ブログ、プロフなどのSNSサービスを利用するときに気をつけること
これらのサービスは、自分の意見を公表したり、同じものに興味を持つ人たちとの意見交換や議論をするなどコミュニケーションの場として利用されています。
書き込みをせず読んでいるだけの人や検索などで見つけて閲覧する人もいます。みんなが楽しく利用できるように、書き込むときは、次のことに気をつけます。

1.書き込むときに気をつけること
◆個人が特定できないように書き込みます
◆家族や友だちについて書き込んだり写真を掲載するときは当事者の承諾をとります
◆アクセス制限しているページのURLを誰でも見られるブログや掲示板などに書いてはいけません
◆相手の意見が自分と違っても……
他人と自分の考え方が違うのは普通のことです。意見が違うからといって相手を非難するようなことはやめましょう。
◆この書き込みを読む人は誰?
書き込むときは、次のことを意識しましょう。人に聞いたり、検索したりして、意外に身近な人が見たりするかもしれません。友だちを相手に書いていたつもりが、親に読まれていたり、先生に読まれていたりするかもしれません。

2.書き込んではいけないこと
次のような書き込みをすると、トラブルになったり、訴えられたりして刑罰の対象となることがあります。 ネットには匿名性があると説明しましたが、違法な書き込みや投稿をした場合、プロバイダの記録などから個人が特定されます。
◆プライバシーの侵害にあたること
◆名誉棄損にあたること
◆著作権の侵害
◆パブリシティ権、肖像権の侵害
◆違法行為を助長する書き込み

3.閲覧するときに気をつけること
◆風評被害にあわないために
インターネットにはいろいろな情報が発信されています。そのなかには真実ではない情報もあります。うわさや憶測、評判などの風評に惑わされないように、冷静に行動しましょう。

このようにネット利用者に共通するルールやマナーにブログも含まれています。
またルールやマナーを守ることで、読者から「危険な人」と思われることも少なくなります。
知らなかった方は、ぜひルールやマナーを守ってください。

文中に “ 意見が違うからといって相手を非難するようなことはやめましょう。 ” とあるので、
ちょっと付け加えておきます。


非難とは何?批判との違いを見極めよう


ブログを書いているとコメントやメールを頂くことがあります。
その対応の時に、非難か、批判かを考えなくてはなりません。

非難の場合は、多くの方が無視したり、ブロックして対応すると思いますが、
批判の場合は、勉強にもなりますし、貴重な意見にもなります。
非難と批判を一緒くたにしてしまうと、自分のため読者のためになる大切なものを失いかねません。

そこで非難と批判の違いを書いておきます。
非難とは
[名](スル)人の欠点や過失などを取り上げて責めること。「不実な態度を―する」


批判とは
①物事の可否に検討を加え,評価・判定すること。 「学説-」 「 -を仰ぐ」
②誤っている点やよくない点を指摘し,あげつらうこと。 「政府の外交方針を-する」
③〘哲〙 〔ドイツ Kritik〕 人間の知識や思想・行為などについて,その意味内容の成立する基礎を把握することにより,その起源・妥当性・限界などを明らかにすること。

非難と批判の違いは、きちんと根拠のある考えや意見として成立しているかどうかだと思います。
批判については、上記(言葉の意味)に詳しく書いてあるのでわかると思いますが、
非難は、揶揄誹謗中傷と思えばわかりやすいかもしれません。

このように非難と批判は全く異なるものなので、対応には注意してください。
もっと詳しく知りたいと思ったら下記をお読みください。
→ なぜ批判と非難の違いがわからない人はリテラシーがないのか


まとめ


みなさんご存知のブログのルールやマナーでしたが、忘れていたことなどありませんでしたか?
コメントやメールなどを頂けるようになってくると、返信など対応する機会があると思います。

わかりやすいコメントならいいのですが、非難か批判かわからないものは対応に困ります。
その違いも分かったと思うので、対応には困らないと思いますが、
ネットには、紹介したルールやマナーを守らない人もいます。

みなさんのマナー違反者への対応は、スパム報告やブロックだと思います。
マナー違反者の中は異常さを放っている危険な人もいますよね。

そういった人もスパム報告やブロックをして、
ブログのみえない特等席に招待するのが、刺激することもないので、無難だと思います。
スパム報告やブロックができないブログは、下記のような書き込みも、参考にしてください。
→ ブログのコメントのマナー、皆さんの意見をお聞かせください。

これからブログを始める方は、下記の記事もお読みください。
→ アクセスアップのために最初にしておきたい検索エンジン登録


お読みいただきありがとうございます。応援いただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報
あなたの知っている関連情報や関連記事もコメント・トラックバックより投稿して情報共有にお役立てください

コメントの投稿

コメントは情報共有が目的です記事に関するご意見等はメールフォームをご利用ください
アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!
Secret

トラックバック

アダルト・出会い系・情報商材・ネットワークビジネス・アフィリエイトのみのサイトは投稿禁止!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



関連記事

記事情報 

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

Keyword : アクセスアップ ネット利用者のルールやマナー ブログのルールやマナー 危険な人 マナー違反 ルール違反 非難 批判 揶揄 誹謗中傷

アクセスランキング

ブログパーツ

ブロとも&リンク

     

ブロとも&リンク追加

 Pagetop


 
メールフォーム

名 前

メール

件 名

本 文