おすすめ情報ブログ

ようこそ!!

相互リンク・ブロともありがとうござました!みなさんの協力に感謝!!

カテゴリ ▶ スポンサー広告

スポンサーサイト

Ads by google
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報 コメント ▶ - トラックバック ▶ - ▶ b b s

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



お読みいただきありがとうございます。応援いただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
▶ open(クリックしてください): 関連情報
あなたの知っている関連情報や関連記事もコメント・トラックバックより投稿して情報共有にお役立てください

関連記事

記事情報 

相互リンク・ブロともありがとうござました!みなさんの協力に感謝!!

カテゴリ ▶ 起業・独立・創業

事業に起業仲間やビジネスパートナーが必要な理由

Ads by google
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連情報 コメント ▶ 0 トラックバック ▶ 0 ▶ b b s

投資に成功して起業の夢を叶えた人たちの特徴と現在に出てきた起業仲間について書きます。ここまで読んで、起業・独立・創業について基礎力となる部分は完璧だと思います。いよいよ最後です。

活動や起業に仲間とビジネスパートナーが必要な理由

事業に起業仲間やビジネスパートナーが必要な理由


事業(ビジネスや活動など)には、起業仲間やビジネスパートナーが必要です。
事業の正しい撤退ラインの決め方とリスク回避の方法でお伝えした
「知らないこと、てきないことも依頼される」状況を考えると、必要な理由がわかります。

率直に言うと、ひとりでおこなう事業は限界があるからです。
仲間やビジネスパートナーがいることで事業の拡大など、成功する可能性が高まっていきます。

このことから、自分の得意なことと、
仲間やビジネスパートナーの得意なことを合わせてできる事業が、
お互いの関係を成立させ、また良好に保つことにつながることがわかります。

注意しておきたいのが、
同じ仕事ができる人と組むと、仕事を2倍受注しなければいけなくなることです。

スモールスタートの原則にも反しているので、
余程の事業でない限り望ましい関係ではないといえます。

そのため、同じ能力等を持つ者同士ではなく、
異質の能力でおぎない合える人が、
起業仲間やビジネスパートナーに向いていると考えられています。


起業仲間やビジネスパートナーとの関わり


仲間やビジネスパートナーとの関わりについて一般的な例をあげてみます。
経営者からすると仲間やビジネスパートナーの役割になりますが、
一般的には①役員②社員③外注先④株主⑤顧問・コンサルタントに分けられます。

以下にそれぞれの役割について書きます。
①役員…経営に参加
経営に対する責任が生じます。労働者ではないので賃金や労働時間、休日などに関して労働基準法などの適用がありません。ただし、役員報酬を支払う必要があり、金額は原則として変更ができないばかりでなく業績給も適用できません。

②社員(従業員)…事業実施者として参加
一緒に事業を実施していく社員は、役員と異なり労働基準法の適用を受け、保険等に加入する必要があります。また、業績給や賞与なども適用できます。

③外注先…社外の事業実施協力者
社外ですので、請求書を発行してもらい依頼した仕事にかかった費用を支払うことになります。

④株主…資金面の協力者
株主ですので経営参加権により、経営との関わりもでてくるため、出資比率の設定を検討する必要があります。

⑤顧問・コンサルタント
外部のアドバイザーになります。社外ですので、一歩引いた位置から客観的なアドバイスがもらえます。請求書を発行してもらいアドバイスにかかった費用を支払うことになります。

この他にも④株主に近いのですが、
社債を発行する場合に引き受けてもらう資金面の協力者もあります。

⑤顧問・コンサルタントについては、
外部の専門家として確保できるため、資格について紹介します。


外部専門家のアドバイスと資格


外部専門家は、行政書士などの士業と経営コンサルタントになります。
下記がそれぞれのアドバイスと資格になります。
なお、専門家のアドバイスには外注できる仕事も含まれています。
①会社設立行政書士司法書士

②許認可行政書士・内容により社会保険労務士

③法律相談弁護士※1

④資金調達経営コンサルタント・MBA税理士※2・中小企業診断士など

⑤税務会計税理士※2・公認会計士

⑥人事労務社会保険労務士

⑦助成金社会保険労務士(厚生労働省の場合)・中小企業診断士(経済産業省の場合)

⑧商標・特許弁理士

⑨その他…マーケティングなど、各々の分野を専門とする経営コンサルタント・MBA

※1.弁護士はほかのアドバイスも可能な資格であるため要確認
※2.税理士は行政書士のアドバイスも可能な場合があるため要確認


まとめ


ひとりでおこなう事業には限界があります。
成功する可能性を高めるためには、起業仲間やビジネスパートナーが必要でした。

起業仲間やビジネスパートナーには、同じ能力等を持つ者同士ではなく、
異質の能力でおぎない合える人が向いていると考えられています。

起業してすぐに、すべての業務ができるわけではありません。
サラリーマンのときと違い、経営についておぼえることが多くなります。
外部の専門家も必要に応じて確保しておくと良いと思います。

なお、この記事で起業・独立・創業について基礎力の話は終わりです。
お付き合いいただきありがとうござました。感謝!
事業に関する情報を知りたい方は、下記もご利用ください。
→ ビジネス・活動・事業関連情報

ブログを書いている方は、下記の記事をお読みください。
→ 起業・独立・創業する人とした人のブログコミュニティ
起業仲間やビジネスパートナー・人材を探している方は、下記をお読みください。
起業・独立のメモ帳 ←  → 活動・起業仲間、ビジネスパートナーのマッチングならココ!
スポンサーサイト



お読みいただきありがとうございます。応援いただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
▶ open(クリックしてください): 関連情報
あなたの知っている関連情報や関連記事もコメント・トラックバックより投稿して情報共有にお役立てください

関連記事

記事情報 

テーマ : プロのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

Keyword : 行政書士 司法書士 経営コンサルタント 税理士 中小企業診断士 公認会計士 弁護士 弁理士 社会保険労務士 MBA

アクセスランキング

ブログパーツ

ブロとも&リンク

     

ブロとも&リンク追加

 Pagetop


 
メールフォーム

名 前

メール

件 名

本 文

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。